縁側にて一服

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日の




WJ感想をちょっとだけ補足(続きより)

メッセージ下さった方有難うございます。
今週のWJで否定的なのは自分ぐらいだと思ってましたが
違うのかな

ところで読み切りの浮世絵漫画が面白過ぎるんですが



冷静になって考えればサスケのこれからやろうとしてる事を想像すれば
(木の葉とうちはの確執から犠牲となったイタチの事まで全て公言してもう二度と不条理な犠牲を
出さない為自分が木の葉の体制を丸ごと変える等)今週の火影宣言は一応整合性はあるんだな…
「お前らがオレの事をどう思うかは関係ない」とか言ってる時点でこのヒヨッコはまだその器には
程遠いですが
「チャラにはできないだろう」からこれまでの所業に対してそれはそれで木の葉に報うつもりは一応あると
考えていい?

実際サスケが木の葉の人間に政治演説してるビジョンはこれまで何度か妄想してたし 
その切り口が「火影になる」だったのか~ まあよく考えなくても変革者となるには人の上に立つ
統治する立場にならなきゃ出来ないよな それゆえの火影なのか …
最初から矛盾してるとは思ってはいなかった
サスケが場の空気読まずとんちんかんな事言い出すのももはや仕様
そういった意味での批判ではなく、
今週何がショックだったかってその流れだとほぼ必然的にナルトとサスケが火影の座を懸けた戦いを余儀なくされる訳で
そういった未来予想をする事でこれまで自分が思い描いていた理想のナルサス最終決戦のイメージ(例えるなら真夜中のオーケストラやカスケードの映像の様な)が
一気に覆されるって事であり
それゆえ苦虫噛み潰した顔しか出来なかった次第です  な~んだそんな事  否!そこが私にとっては非常にひっじょ~うに深刻な事
至極自分都合です これ今後の創作活動にも影響出そうだ…個人的な問題ですが
ナルサスが良きライバル関係に戻るのは和解してからでいいんだよと考えてたんで
和解早すぎ感が否めない … 肩透かし感が…

それでも予想に反する切り口で展開されたら簡単に浮上出来るかもしれない…と往生際悪く一縷の希望を抱きつつ
萎えるも燃えるもキッシーの手腕次第って事で(この言い様)

7班再結成に関してはもうこれまた大事なシーンなだけに拍子抜けで
鉄の国での再開から今回の再開の間のサスケの紆余曲折をナルとサクは当然知るよしもなかった訳で
あの「うちはマンセーうちは最高木の葉を潰す事が浄化」がどういった経緯を得て「オレが火影になって木の葉を守る」
に至ったかまず問い質すとこだろそこ
突然乱入したサスケをあまりにもナチュラルに受け入れてて(特にナルト)不自然極まりない
サスケとの再開はもっと引き伸ばしてくれて良かったな…

私は7班が好きです



スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 00:51:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<進撃2枚目 | ホーム | 絶賛地盤沈下中(WJ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kituensya.blog.fc2.com/tb.php/6-56a92cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sokabe

Author:sokabe
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
(7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。