縁側にて一服

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイネームイズ消炭

ハローエブリワンボディ。
消炭です。

「ずっとお前を愛してる」
声と動きと音楽の威力最強。
美麗作画で嬉しかったです。
全てが素晴らしかった。有難うございました。

サスケとイタチは互いが唯一無二であれだけ深く相愛だからこそ
共に在り続けられない現実が心臓締め付けられる程辛くて悲しくなるのですが
イタチがサスケに与えた掛け値なしの愛が確固たるものとして今後のサスケの生きる糧に
なるのであればイタチの肉体は滅んでも魂だけは永久にサスケと共に在るのだと考えると
心臓が反復横跳びします。
イタチのいない世界などサスケにとっては何の価値もないからこそ壊す選択しかなかった。
それでもイタチの「この先お前がどうなってもずっとお前を愛してる」の言葉を貰った事により
サスケの中に変化が起こった事で今後サスケがどう自身で導き出した最善の選択をするのか
大いに刮目したいとこです。

アニメツアーのレポ…とまでいかないけど感想は続きより。

※ ※ ※

それはそうと「寄生獣」が実写映画化&TVアニメ化するって
最初実写映画化決定の記事だけ見て「実写はやめろオオオ何故アニメ化にしない」と
思ってたらTVアニメ化も同時にプロジェクト始動してるみたいで思わず声が出たね。
「寄生獣」は20年ぐらい前初めて原作漫画を読んで以来これまでずっと長年自分の中で
実に三本指に入るぐらいには傑作で大事過ぎる作品で、ずっとアニメ化すればな~と願いつつ
もう連載終了して相当年数経ってるし内容のグロさ故に絶対不可能だろうと諦めてたのに
まさか本当にずっと望んでた夢が現実になるとは思わなくて未だ信じらない…本当にやるんだ…。
普段アニメは全く見ない方なんですが(NARUTOは見たり見なかったり)自分が本当に好きな
漫画原作があると無性にアニメ映像で見たくなるんですよね。
だから進撃の巨人がアニメ化した時もやたらテンション上がったし。
何度読んでも色褪せない不朽の傑作である寄生獣が長い年月をえて本当にアニメ映像化されるんだな…と
心底歓喜に打ち震えてます。凄く嬉しい。是非とも長丁場で全話よろしく頼む。
あとは原作のあの世界観を忠実に再現して貰える事を願う。
あの昭和の風潮を引き摺ってるかの様なちょっと前時代的な人物描写は本当忠実に再現して欲しいな。
あの古風さがまた良いので変に現代風にアレンジされない事を願う。
あと、物語上絶対避けて通れないグロテスク描写はどこまで表現するんだろうね。
進撃もかなり規制されてたしな~。

実写は見れん。




続きからアニメツアーの感想。
最高でした。
ネタバレ読んでたので内容知ってたけど実際新鮮な気持ちで見れました。
最高でした。
始終ずっと笑い泣きしてて腹よじれるかと。
こういった公式のイベント関連は普段食指が動かないのですが今回ばかりは行って良かったと心底思ったよ…
最高だった。
今回はアニメツアーに当選したN@oさんの有難いお誘いのお陰で貴重なものを見る事が出来たので
本当N@oさんには感謝です。有難う有難う。一日楽しかったです。

イタチがサスケの為にただひたすら目玉焼きを作るのに奮闘すると言うたったあれだけの内容なのに
無駄に作画が綺麗だったり演出が細かったりクオリティ高かったです。
凄く丁寧に作られてたと思う。そしてあんなに心底楽しめて笑ったのも久々だった。
うちはブラザーズが同じ屋根の下で一緒に暮らしてる(2部年齢設定で)ってだけで大事件ですよ。
いつなんどきでもサスケに全身全霊尽くしてしまうイタチ兄さん…。
兄さん汗飛び散り過ぎ。汗煌めき過ぎ。
何度焼いても失敗して次第にイラ立ってきてフライパン乱暴にコンロに置いたり失敗する度
いちいちフライパン洗ったり暁装束の袖まくったり途中で脱線してスクランブルエッグや
中華鍋でチャーハン作り出したり畳み掛ける様に攻めて来ましたよ兄さん…つうか
何故あんな料理しにくそうな(実際しづらそうだった)暁装束なんか装着する必要あったのかあの人。
サスケはちゃんとおりこうさんに待ってましたね。可愛過ぎだ。
イタチ「お前の為に作った」
サスケ「…イタチ…(もぐもぐごっきゅん)…イマイチ」
イタチ笑顔でサスケにデコトン
誰がそこまでイチャパラれと言った 殺す気か あの破廉恥兄弟が…

あとやや強引にナルサスも捩じ込まれてましたね 笑
結局あれはサスケのW夢オチだった訳ですが(せっかくいい夢見てたのにナルトにデコピンで起こされたのがまた)
サスケは夢のそのまた夢の奥底まで行って深層心理下でイタチとまた一緒に生活出来る現実を渇望してたんじゃ
ないかとか。
あれはサスケにとって本当に幸せで悲しい夢だったんだな…などと考えるとどうにかあの二人一緒に
させたくてたまらなくなるんでもうこの際ご都合展開でも何でもいいんでイタチを蘇生させてくれ…とか思わずに
いられない。半分本気で。


…で、DVD化はまだですか。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 03:25:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<WJ一言感想 | ホーム | オレをこんなふうにしたのは兄さんなんだぞ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kituensya.blog.fc2.com/tb.php/20-3a2426aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sokabe

Author:sokabe
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
(7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。